用語集

金床


”かなどこ”と読みます。貴金属を金づちや木槌で打つ時に使用します。手作り結婚指輪では、鍛造コースの時に使います。棒状の金属に、金の種類である金性を打刻するときに使います。意外と重たい、小さな道具です。

表参道の手作り結婚指輪専門店 | AIGIS