スタッフの日常やジュエルはまで結婚指輪や婚約指輪をお作りになられた
お客様からいただいたお便りなどブログ記事にしてお届けします。

2017.03.06スタッフブログ

傷がつきにくい結婚指輪が欲しい!~ジュエルはまの指輪が丈夫な理由~

はじめはピカピカな結婚指輪も、純度の高いプラチナやゴールドは柔らかい金属ですから、ずっと着けているとだんだん傷がついてしまいます。
傷がついていくのも指輪の“味”ではありますが、それは気になるというあなたへ。
ジュエルはまの結婚指輪はすべて、製造方法によらず“傷付きにくく丈夫”であることが特長です。
今回は、ジュエルはまの指輪が丈夫な理由をお伝えします。

指輪の製造方法の種類

170306_top_step_03
結婚指輪の作り方には鍛造(たんぞう)製法と鋳造(ちゅうぞう)製法があります。
それぞれどのような製法なのかをご紹介いたします。

鍛造(たんぞう)製法とは

鍛造製法は、金属を叩いたり伸ばしたりすることにより金属を硬くし、リングの形状を作っていく製造方法です。
硬くて傷が付きにくいのが特徴です。
170306_1.鍛造製法

鋳造(ちゅうぞう)製法とは

鋳造製法は、原型を使って鋳型(いがた)を作り、そこに金属を流し込んで製品を製造する方法です。
デザインの自由度が高いことが特徴です。
170306_2.鋳造製法

ジュエルはまの結婚指輪はどっち?

デザイン性が高いことから、ハンドメイドとオーダーメイドは鋳造製法を採用しています。ジュエルはま千葉店の一番人気のハンドメイドコースも鋳造製法です。
 
鍛造製法でメインとなっているのはセレクトメイドコースです。

セレクトメイド(選んで作る鍛造リング)コースのご紹介

170306_セレクトメイド
デザイン、幅、素材などのstep1 ~ step7までの項目をお二人で選んでいくことで、数十万通りものデザインの結婚指輪ができるセレクトメイドは鍛造製法を採用していますので、より傷つきにくく、より安心してお使いいただけます。
詳細はこちらのページでご紹介しています。
選んで作るセレクトメイド

鍛造と鋳造、どっちにしたらいいの?

170306_ハテナ
一般的には鍛造製法の方が強度は高いといわれていますが、ジュエルはまでは「ハードプラチナ」という通常のプラチナよりも強度の高いプラチナを使用しておりますので、どちらでも安心してお選びいただけます。

おわりに

いかがでしたでしょうか?鍛造と鋳造の違い、おわかりいただけましたでしょうか。
ジュエルはま千葉店の結婚指輪は、鋳造でも安心して一生使っていただける強度の結婚指輪を提供させていただいておりますので、二人にあったプランで指輪をお選びください。
各コース(ハンドメイド・セレクトメイド・オーダーメイド)のご不明点などもお気軽にご連絡ください。
 
結婚指輪を長年使用していれば傷がついていくのはしかたがないことです。
しかし傷がついても磨き直しなどのアフターケアもさせていただいておりますので、ご安心ください。
 
スタッフ一同、ご予約・ご来店をお待ちしております。
 
*********************************************
ジュエルはまでは、たくさんのサンプルをご用意し、
お客様のイメージを形にするお手伝いをしております。
お気軽にお問い合わせください。

→制作費用
→お客様の声
→作品集

ジュエルはま 千葉店
〒260-0013
千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館1F
営業時間:11時00分~19時00分
定休日:水曜日
TEL:043-202-5022
FAX:043-202-5023
*********************************************


結婚指輪を手作りで。千葉のジュエリーショップ | Jewel HAMA