スタッフの日常やジュエルはまで結婚指輪や婚約指輪をお作りになられた
お客様からいただいたお便りなどブログ記事にしてお届けします。

2015.10.05スタッフブログ

美しい照りと輝きを放つパール、アコヤ真珠について

みなさん、こんにちは!
ジュエルはま 千葉店の北澤です。

早いもので10月も5日が過ぎました。そして気がつけば今年もあと3ヶ月。みなさん年始に立てた今年の目標の達成具合はいかがでしょう?私は達成できていないものがほとんどです(^-^)
とはいえ、見方を変えれば今年もまだ3ヶ月あります。まだ目標を達成していないという方も、ぜひ頑張って自分で決めた目標を達成してみてくださいね!

さて本日は、真珠の中でも一段と美しい照りと輝きで大変人気があり、世界中の女性にとって永遠の憧れの存在ともいえる、アコヤ本真珠について書いていきたいと思います。

日本のアコヤ真珠は世界の養殖真珠の原点といわれ、ほかの真珠に比べて真円に近い球体の物が多く、色やテリが美しいことが特徴としてあげられます。
サイズは直径10mm程度までで、6~8mmが一般的で主流になっています。母貝はアコヤ貝で、貝殻をカボッションカットして用いられます。採取地は、愛媛・三重・九州(長崎・熊本・佐賀・大分)が中心です。
images

形は、ラウンド・セミラウンド・セミバロック・バロックなどがあり、色はホワイト・
クリーム・ピンク・イエロー・グレーなどがありますが、やはり人気なのはホワイトのようです。

さて、真珠といえば日本の伝統的なジュエリーで古くからありそうなイメージがありますが、調べてみると古くは古事記や日本書紀にも登場していて、やはり日本に深く根付いたジュエリーといえそうです。そして「真珠」と聞いてみなさんが頭に思い浮かべるのも、
やはりアコヤ真珠でしょう。

その人気の秘密はやはり、輝きと照りの強さなのですが、そのルーツは何なのでしょうか。

理由のひとつとして、四季のある日本の海で生まれるアコヤ真珠は、海水温の寒暖差の影響でキメが整い、美しいテリが出ると言われています。真珠の養殖は、まず母貝を育てるところから始まりますが、稚貝と呼ばれる小さな貝が母貝に成長するまでに約2年。その間、台風や赤潮などから貝を守りながら、大切に育てていきます。

そして真珠の芯となる核を母貝に入れる作業を行い、高度な技術を要する核入れは、熟練の職人がひとつひとつ手作業で行います。核を入れた母貝はそれを包む真珠袋を形成し、海中で美しい真珠が誕生します。

このような地道な養殖作業と、熟練した職人の手間のかかった作業があるからこそ、あのような美しい真珠が出来上がるのですね。

たくさんの人の想いが詰まったアコヤ本真珠。
みなさんも、ぜひぜひ手に入れてみてくださいね!
ダウンロード

*********************************************
ジュエルはまでは、たくさんのサンプルをご用意し、
お客様のイメージを形にするお手伝いをしております。
お気軽にお問い合わせください。

  →制作費用
  →お客様の声
  →作品集

ジュエルはま 千葉店
〒260-0013
千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館1F
営業時間:11時00分~19時00分
定休日:水曜日
TEL:043-202-5022
FAX:043-202-5023
*********************************************


結婚指輪を手作りで。千葉のジュエリーショップ | Jewel HAMA