スタッフの日常やジュエルはまで結婚指輪や婚約指輪をお作りになられた
お客様からいただいたお便りなどブログ記事にしてお届けします。

【キャンペーン開催中】締め切りまであと僅か!
ホテルニューオータニご利用券プレゼント

2015.06.22スタッフブログ

6月の誕生石 パールについて

こんにちワ。ジュエルはま千葉店の竹内です。
6月も後半に入り、傘が手放せない梅雨!!の季節になりました。
今の時期に、6月の誕生石であるパール(真珠)のお話は気が引けますが、
ちょっとだけお話しさせてくださいね。

お洒落な貴女は、ジュエリーについてすでに充分な知識をお持ちだと思います。
特に真珠は、国の内外を問わず、ほとんどの女性に愛されている宝石のひとつです。
一般的に、フォーマルの場では真珠のジュエリーが欠かせないと言っても過言ではありません。
ネックレス、イヤリング(ピアス)、指輪のセットは、絶対用意しておきたいですし、
持ちたいと思うのが真珠の魅力です。

昨今、冠婚葬祭以外に、真珠のジュエリーを上手にお洒落に着けている女性がとても多くなりました。
今の梅雨時に、また、これからやってくる夏の汗ばむ季節に、直接お肌に触れる真珠のネックレスはちょっと・・・と敬遠されがちですが、着用後のケアさえしておけば大丈夫ですよ!!

せっかくなので、真珠のお手入れについてお話ししますね。

真珠の主成分は炭酸カルシウムで、実は大理石の持つ成分と同じなのです。
(ちょっと堅苦しい単語がでてきてすみません)
炭酸カルシウムは酸に弱く、野外にある大理石の彫刻が酸性雨によって溶けるという現象が起きたというお話を、以前に聞いたことがあると思います。
真珠も、汗や皮脂が化粧品とミックスして附着すると、徐々に表面の炭酸カルシウムを溶かし始めます。
溶かすといっても肉眼ではわかりません。ミクロの凹凸ができるレベルですから。
しかし、そのまま放置すると表面の輝きが失われ、曇ってしまい、本来の真珠の美しさが無くなってしまいます。

【お手入れ】
着用後は綺麗に拭いてからしまいましょう。
拭くクロスは、柔らかい布であれば何でもいいです。軽く表面を拭いてください。
もしも汗をひどくかいたり、汚れた時(ジュースなどがかかってしまった)は、水かぬるま湯に浸したタオルをギュッとしっかり絞り、優しく拭いてくださいね。

万が一長い間放置していて、気が付いたら曇っていたという場合は、表面の凹凸ができた層を磨いて、新しい層を出してあげ、蘇らせることもできます。
研磨剤のついたクロスで磨いたり、被害がひどい場合は“酸洗い”で直すことも可能ですが、その状態もよりますので、絶対!!とは申し上げられませんので悪しからず。

【保管場所】
真珠の表面が傷付かないように、他の宝石や貴金属と直接触れ合わないように保管する。
極端な乾燥や湿気のない場所で、直接光が当たらないような場所が良いでしょう。黄ばみ、変色、ひび割れを防ぎます。

【糸替え】
ネックレスの糸替えは、使用の回数にかかわらず、2~3年を目安にされたほうが安心です。
また、ネックレスの片端を持ち下に垂らした時、真珠と真珠の間に隙間が見えるようでしたら、糸を替えたほうが良いでしょう。
着用中に糸が切れてバラバラになってしまっては大変ですから。

以上、お手入れ方法、保管の仕方等々、難しいことではありませんので、真珠の美しさをいつまでも保てるように、着用後は必ず拭いてからしまうようにしてください。
そして、永くご愛用していただけたら、真珠の一粒一粒が、“真珠の涙”を流して喜んでくれるでしょう・・・。

*********************************************
ジュエルはまでは、たくさんのサンプルをご用意し、
お客様のイメージを形にするお手伝いをしております。
お気軽にお問い合わせください。

  →制作費用
  →お客様の声
  →作品集

ジュエルはま 千葉店
〒260-0013
千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館1F
営業時間:11時00分~19時00分
定休日:水曜日・木曜日
TEL:043-202-5022
FAX:043-202-5023
*********************************************


結婚指輪を手作りで。千葉のジュエリーショップ | Jewel HAMA