スタッフの日常やジュエルはまで結婚指輪や婚約指輪をお作りになられた
お客様からいただいたお便りなどブログ記事にしてお届けします。

【キャンペーン開催中】締め切りまであと僅か!
ホテルニューオータニご利用券プレゼント

2015.06.10スタッフブログ

きっと幸せになる!『ジューンブライド』

皆様こんにちは!
いつも当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

しばらく爽やかな心地よい陽気が続いていましたが、
とうとう関東も梅雨入りしました。

ジメジメムシムシ・・・なんとも嫌な季節ですが、
気持ちは晴れやかに、千葉店は元気に営業しています。
どうぞ店内を覗いてみてください(笑)

さて、こんな季節ではありますが、
『ジューンブライド』という言葉、皆さんご存知ですか?

この時期、テレビでも雑誌でも、ブライダルの特集が増えています。
せっかくの結婚式に雨が降ってしまう可能性が高いというのに、
どうして6月に結婚式なんでしょう??
せっかくなんだから、晴れたほうが断然良いのに。

予約が取りやすいのかな?お得に挙式できるのかな?

私、以前はこんな風に思っていました^^;

でもでも本当は、そんな下劣な理由ではありません!!

June bride を直訳すると「6月の花嫁」となりますが、
ヨーロッパでは古くから、“6月に結婚した花嫁は幸せになれる”と言われているんだそうです。

その理由のひとつは、
6月は、ローマ神話に登場する女神「JUNO」が守護する月で、
「JUNO」が結婚を司ることから、
6月に結婚する花嫁は、「JUNO」の加護できっと幸せになれる、という言い伝えです。

もうひとつは、気候が良いからというもの。
ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候が安定しています。
季節的環境がベストで、ヨーロッパ全体に活気が溢れているため、6月の花嫁は幸せになれる、という言い伝えです。

昔ヨーロッパでは、3~5月は農作業で多忙なため結婚が禁止されていました。
そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝福ムードが高まっているので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれる、という言い伝えだという説もあるそうです。

さらに、ヨーロッパでは6月12日は“恋人の日”だとか。

それにしても、季節によって結婚を禁じられるって・・・
今では考えられないですね^^;
早く結婚したいと願うカップルにとって、その3ヶ月間はきっと、ものすごーく長かったと思います。

いろいろな説があるようですが、
June bride の由来は、
『6月に結婚する花嫁は、「JUNO」の加護できっと幸せになれる』
これが一番夢があってロマンティックですよね(^^)

今月ご結婚される女性、もしかすると雨が降って残念な気持ちになるかも知れませんが、
JUNOがきっと見守ってくれていますよ!生涯幸せになれること間違いなしです❤

*********************************************
ジュエルはまでは、たくさんのサンプルをご用意し、
お客様のイメージを形にするお手伝いをしております。
お気軽にお問い合わせください。

  →制作費用
  →お客様の声
  →作品集

ジュエルはま 千葉店
〒260-0013
千葉市中央区中央2-5-1 千葉中央ツインビル2号館1F
営業時間:11時00分~19時00分
定休日:水曜日・木曜日
TEL:043-202-5022
FAX:043-202-5023
*********************************************


結婚指輪を手作りで。千葉のジュエリーショップ | Jewel HAMA